読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日系 Nikkey パートナーズ

日系人、ボランティア、開発について、自分の勉強のためにも書いていきます。

クリスチャン・イエリチ(Christian Yelich)、日系三世、首位打者も狙える若き天才打者、WBCでも活躍

WBCでも活躍したフロリダ・マーリンズのクリスチャン・イエリチは、母方の祖父が日本人で、日本人の血が1/4流れる、いわゆる日系三世。父方はクロアチア移民の家系。彼の血筋として注目されているのは、母方の曾祖父がNFLで殿堂入りを果たしているフレッド・…

『七人のトーゴー』戦後アメリカで日系人が咲かせた毒の花

村松友視氏の日系人悪役レスラーを題材にした『七人のトーゴー』を読みました。村松氏は直木賞を受賞した『時代屋の女房』などで有名ですが、1980年代、90年代は『私、プロレスの味方です』を始め、プロレスファンのオピニオンリーダーでもありました。この…

宮内悠介氏「半地下」アイデンティティ、言語や人種、性や生のあいまいな感覚、プロレスをモチーフに

宮内悠介氏の「半地下」を読みました。宮内氏の処女作に手を加えたものを「カブールの園」とともに収録。 主人公は日本人の姉弟。事業で失敗した父にニューヨークまで連れてこられ、そのまま置き去りにされた姉ミヤコと弟ユーヤの物語。現実と虚構、生と死、…

『カブールの園』、マイノリティとしての日系人のアイデンティティ

宮内悠介の『カブールの園』を読みました。 子供の頃に受けた人種差別がトラウマとなっている日系三世のレイが主人公。かつて日系人が強制的に入れられたマンサナー収容所を訪問したのを機に、戦中・戦後の日系人の過酷な生活を知り、アメリカへの同化とそれ…

「在米日系人リーダー招へいプログラム」でアイリーン・ヒラノ・イノウエ米日カウンシル会長と11名の日系人が来日

外務省が、米日カウンシルと連携しつつ、毎年実施している「在米日系人リーダー招へいプログラム」を通じて、アイリーン・ヒラノ・イノウエ米日カウンシル会長及び在米日系人リーダー11名が、3月3日~11日の日程で来日しました。本プログラム実施の背景や今…

NYヤンキース カイル・ヒガシオカ捕手、今年活躍が期待される日系人選手

NYヤンキースの田中将大投手のチームメイトとして、またキャンプ期間中の女房役として注目を集めている日系人捕手がいます。日系四世のカイル・ヒガシオカ選手です。 ヒガシオカ選手は今年初めてスプリング・キャンプの40人のロースター入りをはたしました。…

「広島から世界へ-移住の歴史と日系人の暮らし-」2017年3月4日~海外移住資料館の企画展示

横浜にある海外移住資料館で「広島から世界へ-移住の歴史と日系人の暮らし-」という企画展示が、3月4 日から5月28日まで開催されます。 【海外移住資料館】企画展示「広島から世界へ −移住の歴史と日系人の暮らし−」 | イベント情報 | JICA横浜 - JICA 広…

マニー・ラミレスが四国ILの高知に、交渉人は日系人のザック・コルビー選手

あのマニー・ラミレスが日本の独立リーグでプレイするというニュースを聞いて当初は半信半疑でしたが、ついに所属球団である高知ファイティングドッグス(FD)から、3月7日夜に高知入りすると発表がありました。9日に高知市内で入団記者会見に臨み、10日…

日系アメリカ人物理学者ミチオ・カク教授「移民はアメリカ繁栄の原動力」トランプの移民政策は技術的な自殺。

米国の著名な理論物理学者であるミチオ・カク教授は、移民を制限することはアメリカを弱くすると主張しています。 カク教授はカリフォルニア州サンフランシスコ生まれの日系アメリカ人3世。ニューヨーク市立大学等で教鞭をとるかたわら、作家としてベストセ…

「トランプのアメリカ」に警鐘鳴らす日本人、そして日系アメリカ人市民同盟(JACL)について

NHK BS1の「国際報道2017」という番組において、2月20日、「トランプのアメリカ」に警鐘鳴らす日本人、というテーマが放送されていました。 75年前、12万人の日系人を強制収容所に送り込んだ大統領令の経験から、日系人のリーダー達が、トランプ大統領の現在…

キャリー・フクナガ、「カウントダウン・ヒロシマ」映画化の監督を交渉中

キャリー・ジョージ・フクナガといえば、2014年に『TRUE DETECTIVE』シーズン1の監督を務め、同年のエミー賞にてドラマシリーズ部門最優秀監督賞を受賞するなど、近年注目されている気鋭の映画監督。 苗字でわかるとおり、日系の血筋をひいており、父親が日…

日系人収容描いたミュージカル「Allegiance」(忠誠)、トランプ効果で脚光

第2次世界大戦中の日系米国人強制収容を描いたミュージカル「Allegiance」(忠誠)は、2012年にサンディエゴで初上演されて以降、2015年にはブロードウェーでも上演されました。 このミュージカルをプロデュースしたのが、ジョージ・タケイさん。アメリカの…

ラーメンブームで全米制覇!日系2世の挑戦

NHKの国際報道2017で日系2世によるラーメンの製麺企業についての特集が放送されました。以下のサイトで見ることができます。 フォーカスされたのはNYで製麺所を経営する日系2世のウキ・ケンシロウさん。各店のスープに合わせ、こだわりの麺を開発する姿が…

安倍・トランプ夫人が訪問した日本庭園、日本人移住者の想いがつまった場所

毎日新聞の以下の記事を見て、マイアミにも日系人の入植地があったことを知りました。またNHK等の報道によると、「昭恵夫人が、メラニア夫人とともに、日系移民が寄贈した土地に整備された、日本の文化を紹介する博物館や日本庭園を訪れ、池のこいに餌をあげ…

ララ物資、戦後の日本の困窮を救った米国からの支援と日系人。ララの学校給食から70周年。

「ララ物資」という言葉を聞いたことがある方は少ないのではないでしょうか。私の世代ではほぼ知らないと思います。 ララ(LARA)とは、アジア救済公認団体「Licensed Agencies of Relief in Asia」の略称で、戦後、困窮していた日本にアメリカ等から集めら…

映画「誰もしらない日系アメリカ人の歴史」他、上映中。JICA横浜・海外移住資料館で「ハワイの日系人のまつり―お正月とボンダンス―」の企画展で。

現在、JICA横浜・海外移住資料館で「ハワイの日系人のまつり―お正月とボンダンス―」という企画展を実施中です。(2017年2月20日まで) 【海外移住資料館】ハワイの日系人のまつり−お正月とボンダンス− | イベント情報 | JICA横浜 - JICA その中で、2つの映…

強制収容の米大統領令と戦った日系人フレッド・コレマツ、反トランプのアイコンとしてグーグル・ホームページに登場。

1月30日、グーグルのホームページにあるアジア人が登場しました。 背景には強制収容所を示すバラック、日米の友好の証である桜の木と隔離された多くの人々に囲まれ、胸元には勲章が輝いています。この人物は、第2次世界大戦中の米政府による日系人の強制収…

アメリカで最も成功した日系俳優、ジョージ・タケイ。 強制収容所での苦難、ソーシャルメディア・インフルエンサー。

アメリカの日系俳優で最も成功したといわれるのが、「スタートレック」のヒカル・スールー役で有名となったジョージ・タケイです。1937年生まれの80歳。ロスアンゼルス出身の日系二世です。日本名は武井 穂郷(たけい ほさと)。 ジョージ・タケイとその家族…

マエケン、全米日系人博物館を訪問。今年は、日系アメリカ人強制収容の大統領令から75年。

ドジャースの前田健太投手が1月27日に球団イベント「ロサンゼルス愛、コミュニティーツアー」でファンと交流した際、「全米日系人博物館」を訪問。 日本選手では、引退後に訪問した野茂英雄氏に続き球団2人目ということ。前田の大ファンだという100歳の…