読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日系 Nikkey パートナーズ

日系人、ボランティア、開発について、自分の勉強のためにも書いていきます。

強制収容の米大統領令と戦った日系人フレッド・コレマツ、反トランプのアイコンとしてグーグル・ホームページに登場。

アメリカ

1月30日、グーグルのホームページにあるアジア人が登場しました。

f:id:ohatyuu:20170131204416p:plain

背景には強制収容所を示すバラック、日米の友好の証である桜の木と隔離された多くの人々に囲まれ、胸元には勲章が輝いています。この人物は、第2次世界大戦中の米政府による日系人の強制収容と戦った日系2世、故フレッド・コレマツ氏です。1月30日はコレマツ氏の誕生日であり、カリフォルニア、ハワイ、バージニア、フロリダの4州はこの日をフレッド・コレマツの日に制定しています。

コレマツ氏はカリフォルニア生まれの日系二世。日本名は是松豊三郎。第2次大戦中の日系人強制収容の大統領令に従わず逃亡したものの、逮捕されてカリフォルニア州強制収容所へ送られました。その後、同氏はこの大統領令を「人種差別で違憲だ」として米政府を提訴しました。しかし、最高裁まで争ったものの1944年に敗訴し有罪判決を受けています。

戦後も違法性を問い続け、ついに1983年に強制収容は人種差別などに基づくものだったとして判決を覆すことにつなげました。また、1998年には当時のクリントン大統領から文民最高位の大統領自由勲章を授けられています。

コレマツ氏は2005年に他界しましたが、人種差別、偏見、平等、民主主義のために米国政府と戦った姿は、彼の「何かが間違っていると感じたら、それを口に出すことを恐れてはいけない」"If you have the feeling that something is wrong, don't be afraid to speak up." という言葉とともに記憶されており、また現在の政治環境で再び注目されています。


Fred Korematsu

 

正義をもとめて―日系アメリカ人フレッド・コレマツの闘い (ノンフィクション・Books)

正義をもとめて―日系アメリカ人フレッド・コレマツの闘い (ノンフィクション・Books)