読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日系 Nikkey パートナーズ

日系人、ボランティア、開発について、自分の勉強のためにも書いていきます。

「トランプのアメリカ」に警鐘鳴らす日本人、そして日系アメリカ人市民同盟(JACL)について

アメリカ

NHK BS1の「国際報道2017」という番組において、2月20日、「トランプのアメリカ」に警鐘鳴らす日本人、というテーマが放送されていました。

75年前、12万人の日系人強制収容所に送り込んだ大統領令の経験から、日系人のリーダー達が、トランプ大統領の現在の移民政策に反旗を翻している様子が取り上げられています。番組の内容は以下のサイトから見ることができます。

www6.nhk.or.jp


米国大統領令:警鐘鳴らす日系人【対トランプ】

 

番組の中で、ある日系団体の副代表としてジェフィリー・モイ氏が登場します。この団体が、国立歴史博物館で開催されている「日系人強制収容の歴史伝える特別展」のスポンサーでもあると紹介されていました。

この団体について調べてみたところ、日系アメリカ人市民同盟(Japanese American Citizens League; JACL)でした。JACLは1929年にアジア系アメリカ人の権利を守る為に設立された団体で、米国内で最古、かつ最大のアジア系アメリカ人人権団体とのこと。第二次世界大戦中の日系人強制収容の際には、日系人連邦政府の仲介的役割を担っていたとも言われています。また、1970年、80年代には、賠償金請求活動を推し進めるのを援助しています。

f:id:ohatyuu:20170221230326p:plain

Japanese American Citizens League – Est. 1929

 

また、番組内では、強制収容の大統領令と戦ったフレッド・コレマツ氏のことも触れられていました。以下の記事もご参考。

ohatyuu.hatenablog.com