読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日系 Nikkey パートナーズ

日系人、ボランティア、開発について、自分の勉強のためにも書いていきます。

日系アメリカ人物理学者ミチオ・カク教授「移民はアメリカ繁栄の原動力」トランプの移民政策は技術的な自殺。

米国の著名な理論物理学者であるミチオ・カク教授は、移民を制限することはアメリカを弱くすると主張しています。

カク教授はカリフォルニア州サンフランシスコ生まれの日系アメリカ人3世。ニューヨーク市立大学等で教鞭をとるかたわら、作家としてベストセラーも持ち、科学解説者としてディスカバリーチャンネルにも出演しています。両親ともにツール・レイク(Tule Lake)などの日系人強制収容所での経験があります。両親は収容所で知り合い、お兄さんはそこで生まれたとのこと。

カク教授は、移民はアメリカの成功の原動力であり、「アメリカの繁栄ほどんどは、移民による『頭脳流入』によりもたらされたもの」と強調しています。また、移民はアメリカ人の職を(少なくとも大きくは)奪うものではなく、むしろ新たな産業をつくるものとも述べています。

"Most of the prosperity that we see around us is due to the genius of the people that came in the so-called brain drain. There is a brain drain into the United States."

Kaku says the influx of immigrants doesn't cost native-born Americans their jobs, or at least not to any significant extent. "These people do not replace American workers," he says. "They create new industries."

そして、なぜ、米国への頭脳流入を制限するようなテクノロジーにとって自殺行為を行うのか、問いかけています。

“Why commit technological suicide by restricting the flow of talent into the United States?”

f:id:ohatyuu:20170225200406p:plain

www.nbcnews.com

以下の画像は少し前のものですが、アメリカの秘密兵器は、プロフェッショナルな技術者などに発行しているH-1Bビサであると述べています。

www.youtube.com