読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日系 Nikkey パートナーズ

日系人、ボランティア、開発について、自分の勉強のためにも書いていきます。

ジャパン・ハウス、サンパウロでは今年5月にオープン予定、日系社会との連携も期待

日本の文化を発信する海外拠点として、ロンドン、ロサンゼルス、サンパウロの3都市に設置される「ジャパン・ハウス」。サンパウロでは、パウリスタ大通り52番のブラデスコ銀行所有ビル(3階部分まで)を借り上げ、改装工事が進んでいます。表玄関は「地獄組み」という日本独自の技術を応用して檜を格子状に組み上げたものと、煉瓦に穴を開けて風通しを良くするレシフェの技術「コボゴ」をあわせたデザインとなっているとのこと。

f:id:ohatyuu:20170228212429p:plain

ちなみに、ジャパンハウスのデザインを手がけたのが隈研吾氏。同氏がデザインした地獄組みが使われた建築が南青山にもあります。サニーヒルズ南青山店。とても斬新かつインパクトのある外観ですね。

plginrt-project.com

「ジャパン・ハウス」サンパウロは、当初3月の予定から少し遅れて5月にオープン予定。施設内は多目的ホール、日本語のセミナールーム、和食レストラン、日本商品の物販スペース等が設置されるとのこと。来年には国際交流基金も同施設に移転する予定のようです。

www.nikkeyshimbun.jp

この「ジャパン・ハウス」サンパウロの館長を務めるのが、平田アンジェラ多美子氏。国際ビジネスコンサルティングを担うスリアナ社の創設者であり、ブラジル産商品のPR戦略や、進出企業サポートを手がけている人物。ブラジル発祥のビーチサンダルHAVAIANASブームの火付け人としても有名。ビジネスで成功した手腕が期待され抜擢されたようです。

HAVAIANASブームの〃母〃=平田アンジェラさんは今=(下)=会社づくりは人づくり – ブラジル知るならニッケイ新聞WEB

「ジャパン・ハウス」の国内での準備も進められています。2月25日には「JAPAN HOUSEフォーラム2017」が表参道ヒルズ スペース オーで開催され、国内のコンテツホルダーの本件事業への参加意欲を喚起するとともに、3月1日には「ジャパン・ハウ有識者諮問会議」も開催され、平田アンジェラ多美子館長等と今後の事業計画等について協議されるとのこと。

更に、今後、注目されるのは「日系社会との協力」についてです。ジャパン・ハウスの設置場所としてサンパウロが選ばれたのも、日系社会を通じて育まれた親日的な環境があったからこそではと思います。既に2018年の移民110周年での連携も構想としてあるとか。ジャパン・ハウスによって日系社会も活性化するような、お互いにメリットのある協力関係が構築できることを期待します。

www.japanhouse.jp

 

www3.nhk.or.jp