読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日系 Nikkey パートナーズ

日系人、ボランティア、開発について、自分の勉強のためにも書いていきます。

海外移住資料館「広島から世界へ」を訪問、「バンクーバーの朝日」の上西さんも広島県人

広島 映画 野球 ミュージック

海外移住資料館で開催中の「広島から世界へ-移住の歴史と日系人の暮らし-」に、3月4日の開幕日に行ってきました。オープニングセレモニーは、なんと「ボリビアと日系社会」映画上映会と同じ時刻。(広島県人ではあるのですが諸事情あり)ボリビア映画のほうを優先して、セレモニー後、ゆっくりと企画展示のみを見させていただきました。

展示スペースの一角に、広島県人で有名人の方々の写真が掲示されていました。

f:id:ohatyuu:20170305195451p:plain

何人か紹介させていただきます。

まずは銭村健一郎さん。日系人野球の父として有名な方で、その生涯は映画American Pastime「俺たちの星条旗」にもなっています。また、以前、日系人フィールド・オブ・ドリームスという記事でも紹介させていただきました。二人の息子の健三と健四は広島カープに入団、特に健四は主力としてプレーしました。

f:id:ohatyuu:20170305200308p:plain

ohatyuu.hatenablog.com

 

次に、ジミー・ツトム・ミリキタニ(三力谷 勉)さん。「反骨のホームレス画家」とも称されます。ミリキタニの日常を追ったドキュメンタリー映画『ミリキタニの猫』は第二次大戦を経験した日系アメリカ人の現実を通し、正義について問いかける作品として反響を呼び、多くの映画賞にも輝いています。

f:id:ohatyuu:20170305200416p:plain

 

ohatyuu.hatenablog.com


ミリキタニの猫

 

そして、上西巧一さん。映画「バンクーバーの朝日」で有名な野球チーム「朝日軍」で唯一ご尊名の方。現在95歳。

 

 上西さんについては、2月21日に放送された「世界の村で発見!こんなところに日本人」でも紹介されていました。


世界の村で発見!こんなところに日本人 スウェーデン&カナダ 2月21日

上西さんは、バンクーバー生まれの日系二世。日本で教育を受けるため5歳で一旦帰国したものの、11歳でお父さんが亡くなったため、再びカナダへ。17歳で朝日軍に参加し、一番打者として活躍。しかし、19歳の時、第二次大戦が始まり、日系人の財再没収、強制収容、そして朝日軍も解散。番組内では、朝日軍が本拠地にしていた野球場を訪問し、95才にもかかわらず、杖をバットのように振っていました。お元気です。


予告編映画『バンクーバーの朝日』

この企画展示のオープニングセレモニーでは、上西さんの親戚で、ジャズシンガーの上西千波さんのミニコンサートも開かれました。(ボリビア映画のため)コンサートを見ることができず、非常に残念。また、別の機会に上西さんの歌声を聞きたいと思います。


上西千波Live 「Love&Peace」


上西千波JAZZ Concert "Homecoming Day" Making Video

 

この企画展「広島から世界へ -移住の歴史と日系人の暮らし-」は5月28日まで、横浜の海外移住資料館で開催されています。是非、ご訪問してみてください。

ohatyuu.hatenablog.com