読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日系 Nikkey パートナーズ

日系人、ボランティア、開発について、自分の勉強のためにも書いていきます。

「ヨコハマで知る ボリビアと日系社会」無料映画上映&トークイベント3月4日(土)13:30~

ボリビア 映画

「ヨコハマで知る ボリビアと日系社会」というイベントが、3月4日(土)13:30からJICA横浜で開催されます。現役の銀行員として、そして映画監督としても活躍する香西志帆監督が制作した青年海外協力隊ドキュメンタリー映画上映と地元小豆島を題材とした映画が上映。また、映画監督とアナウンサーによるトークイベントです。

(横浜)【無料映画上映&トークイベント】日本と世界を沸かせたSHIKOKUBITOが贈る 第2弾「ヨコハマで知る ボリビアと日系社会」 | イベント情報 | JICA四国 - JICA

「地球の反対側の日本人をたずねて」
映画監督・香西志帆が、突然地球の反対側で働く青年海外協力隊たちに会い
に行くことになった。富士山より高い標高にある首都ラ・パスで高山病になり、酸
素ボンベ持参での撮影。サンファン日本人移民地区で出たみそ汁。香川出身
の協力隊にも出会った。地球の反対側であるその国の風景、暮らし、文化を旅
情感溢れる映像で描いたドキュメンタリー。

f:id:ohatyuu:20170303165229p:plain

映画の舞台の一つがサンファン移住地のようです。ボリビアには大きく2つの移住地が存在しています。一つが沖縄からの移住者によるオキナワ移住地、そして九州地方出身者が多いサンファン移住地です。サンフアンには1955年に88名の日本人が入植を開始。日本で精糖業を経営 していた西川利道の呼びかけから始まった移住であるため「西川移民」とも呼ばれています。移住者は原生林を開拓することから始めたものの、非常に過酷な労働であったため、ブラジルやアルゼンチンに再移住、また日本に帰国した方も多かったと聞きます。今では、主にコメ・大豆・小麦・鶏卵・柑橘類などの農産物を生産しています。特に鶏卵鶏卵の出荷量は、ボリビア市場の35%を超えるほど重要な産業となっています。

nipponbolivia.org

f:id:ohatyuu:20170303180721p:plain

 

 

ohatyuu.hatenablog.com